ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
住吉高灯籠  
スミヨシタカトウロウ  
浪花百景之内  
画家名
貞信(初代)画  
サダノブ  
画家解説 貞信(初代) さだのぶ 文化6年(1809)~明治12年(1879) 長谷川氏、通称文吉のち徳兵衛、名は貞信。南窓楼、雪花園、猶園、五双亭、浪華亭、信翁、信天翁、蘭考などと称した。また有長、貞宜の画名もある。安堂寺町浪花橋筋の茶巾袱紗商・奈良屋の長谷川治助・お鹿の三男として生まれる。初め四条派画家上田公長の門に入り、のち歌川貞升に、さらに柳斎重春に学ぶ。初期は大判役者絵を専らにしていたが、天保の改革を境に風景画に転進、『浪花百景』などの作品を生みだし、上方風景画の代表的画家と言われるに至った。明治8年(1875)68歳の時、長男の小信に貞信の名を譲った。
請求番号 378-536
名所
住吉高灯籠  
スミヨシタカトウロウ  
現在の市区町村
住之江区  
ジャンル名
貞信・浪花百景  
建造物  
神社仏閣  
作品解説 出見の浜にあって、夜間航行する船の目印になった灯台。方角を見失った時に住吉大神に祈るとこの灯籠の灯が煌々と輝いたという。現在は台風により倒壊した灯籠を再建したもので、元の位置から200メートル東に離れた、住吉公園西側の国道26号線沿いにある。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010175