ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
八軒屋着船の図  
ハチケンヤチャクセンノズ  
浪花名所図会  
画家名
広重(初代)画  
ヒロシゲ  
画家解説 広重(初代) ひろしげ 寛政9年(1797)~安政5年(1858)
安藤氏、幼名は徳太郎、後に重右衛門、徳兵衛と改名した。広重、一遊斎、一幽斎、一立斎、立斎と称した。歌川姓を名乗る。江戸定火消同心の子に生まれ、文化6年(1809)13歳で同心職を受け継いだ。その頃から画を志し、歌川豊広に師事、はじめは美人画や合巻本に挿絵を描いていたが、天保元年(1830)より風景版画に転進。その直後発表した『東海道五拾三次』が好評を博し、風景版画家としての位置を確固たるものにした。とりわけ上方の風物・風景を描いた『浪花名所図会』『京都名所』『近江名所』は詩情豊かな作品として名高い。
請求番号 大和銀-1
名所
八軒家  
ハチケンヤ  
現在の市区町村
中央区  
ジャンル名
商工業  
水上交通  
作品解説 天神橋と天満橋の中間南岸をさす地名で、古く川に沿って家が8軒あったから八軒家であると『浪花奇談』に記されている。
 ここには古くから船着場があり、大坂の水上交通の拠点として繁栄した。享保7年(1722)には最盛期を迎え、往来する船は740艘、それらを目当てに物を売りに来る「くらわんか船」など大いに賑った。『摂津名所図会大成』にも「埠頭には行商人や馬方や船客であふれ返り、乗り手押合い弁当ぱくつき、荷物積み船賃集め、昼夜を分かたず口々にかしましく繁昌の証し」とあり、往時の喧噪が窺われる。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010125