ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
両本願寺  
リョウホンガンジ  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
北御堂(西本願寺津村別院)  
キタミドウ  
南御堂(東本願寺難波別院)  
ミナミミドウ  
現在の市区町村
中央区  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 北御堂の本尊は安阿弥作の阿弥陀仏。御堂筋、備後町から本町の間にある。  慶長2年(1597)に准如が石山本願寺に擬して立てた寺院。当初は大寺院ではなかったが、元禄頃より拡張を始めた。享保9年(1724)の大坂の大火により焼失した。  南御堂の本尊は安阿弥作といわれる阿弥陀仏。  慶長元年(1596)教如が道修町1丁目に小堂を建て、慶長3年(1598)に現位置へ移った。当時は十五間四面の本堂であったが、大坂城落城後外郭の用石を貰い受け、地盤を盛り上げ南北御堂いずれも大本堂となった。難波別院の名はこの地を以前上難波村と呼んだことによる。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010100