ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
天満天神地車宮入  
テンマテンジンダンジリミヤイリ  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
天満宮  
テンマングウ  
現在の市区町村
北区  
ジャンル名
浪花百景  
年中行事-祭  
作品解説 主神は菅原道真、他には手力雄命、猿田彦命、野見宿禰、蛭子命を配祀し、天満、堂島、曽根崎、本田、松島等の氏神である。  以前この辺りは、孝徳天皇が長柄豊碕宮を設営した時に乾の位に魔除けの神大将軍を祀った祠のある「大将軍の森」と伝える。村上天皇の勅願で、天暦3年(949)社殿を創建、天満宮を勧請した。これは道真没後47年に当たる。  古くから文人にゆかりが深く、元禄14年(1701)の菅公800年祭には連歌所で万句が献ぜられ境内には1万個の灯明が点ぜられたという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010099