ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
天神祭り夕景  
テンジンマツリユウケイ  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
天神祭  
テンジンマツリ  
現在の市区町村
北区  
中央区  
ジャンル名
浪花百景  
年中行事-祭  
作品解説 大阪の夏を彩る大祭。天暦5年(951)に神鉾を流して、流れ着いたところを斎場とし心霊を禊したのが始まりという。船渡御は著名で、神輿が難波橋から船に乗り楽を奏して戎島の御旅所まで往復した。地盤沈下の影響で昭和28年(1953)からは大川を遡行することになった。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010098