ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
浜村鬼子母神  
ハマムラキシボジン  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
浜村鬼子母神  
ハマムラキシボジン  
現在の市区町村
北区  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 正式には日蓮宗慶住院。現在は摂津峡に移転したが以前は南浜村の内、源光寺の南に位置した。  『浪華の賑ひ』に「霊験あらたなりとて遠近より歩みをはこぶ人間断なく宝前の供物・献灯・香花の甚だしきは言ふも更なり。詣人むれて題目・自我偈方便品など唱ふる声いとかしがまし。」とあるようにかつては大いに賑い、周りには茶店や料理屋もできていたという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010087