ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
北の大融寺  
キタノタイユウジ  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
太融寺  
タイユウジ  
現在の市区町村
北区  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 号は佳木山。本尊は千手観世音。北野にある真言宗の寺で、源融の建立により太融寺という。開基は弘法大師で浪花の古刹。堂前に藤の棚の茶店があって、花の頃は華麗で多くの人で賑わったという。明治13年(1880)、板垣退助ら民権運動家が集い、第4回愛国者大会がここで開かれた。この大会で国会期成同盟が結成された。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010086