ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
福しま逆櫓松  
フクシマサカロノマツ  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
福島逆櫓松  
フクシマサカロノマツ  
現在の市区町村
福島区  
ジャンル名
浪花百景  
名花・名木・名水  
作品解説 淀川を上下する舟が目印にしたとされる見事な松の下、元暦2年(1185)源義経と梶原景時が激論をかわしたと『平家物語』にある。景時は万一のため舟が退却できるよう「逆櫓」を付けるよう進言するが、義経はこれを臆病者としりぞけると、景時は猪武者だとやり返した。これをもとにこの松は「福島逆櫓松」と呼ばれ、『摂津名所図会大成』にも「大樹にして幹の形驚蛇に似て実に千歳を経ねらむ名松」とあるように名所となっていた。明治42年(1909)に焼失、もとの位置についてはいくつかの説がある。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010082