ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
玉江橋景  
タマエバシケイ  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
玉江橋  
タマエバシ  
現在の市区町村
福島区  
北区  
ジャンル名
浪花百景  
橋  
作品解説 堂島川に架かる橋。川幅が広く、両岸が諸大名の蔵屋敷というところに美しい太鼓橋が架かっており「風景絶唱」と称えられた。南詰の東側に理宝院という薬師堂があり、この橋を渡る参詣者も多かったという。ここから南東にあるはずの天王寺の塔を真南にみることができ、「浪花の一奇観」とされた。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010080