ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
木津川口千本松  
キヅガワグチセンボンマツ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
木津川  
キヅガワ  
現在の市区町村
西成区  
ジャンル名
浪花百景  
遊興・娯楽  
水上交通  
作品解説 その河口は難波の湊として開かれており、諸国の船の入津する要港であった。天保3年(1832)、ここに約870間の堤を築いた。これを石波戸(いしばと)という。ここに松が植え連ねられ、俗に千本松というようになった。  青い海に突き出た松原の風景は天橋立、三保の松原と並ぶほどの名所といわれた。自ら釣った魚や漁夫の得た魚を料理し、終日酒宴をはって大変賑わっていたという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010071