ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
解舟町  
トキフネチョウ  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
解舟町(奈良屋町)  
トキフネチョウ  
現在の市区町村
西区  
ジャンル名
浪花百景  
商工業  
作品解説 江戸期以前は笹町と呼ばれた。『宝暦町鑑』に「あハざぼり南側浜側の丁、西よこほりより西は太郎助ばし」の町とある。阿波堀川の南岸に位置し、その名のとおり古船を解体してその板柱や加工品を商う家が軒を並べ、大坂では珍しいこともあって繁盛した。文人らも見物に足を運び、堀端に古板を立て並べた様子は切り立った山岳を連想させ、雪の積もった朝はあたかも山水画のようであったという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010068