ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
四ツ橋  
ヨツバシ  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
四ツ橋  
ヨツバシ  
現在の市区町村
中央区  
西区  
ジャンル名
浪花百景  
橋  
作品解説 四ツ橋は南北に延びる西横堀川と東西に延びる長堀川が交差するところにロ字状に架けられていた四つの橋、すなわち北側の上繋橋、南側の下繋橋、西側の吉野屋橋、東側の炭屋橋を総称していう。架橋年代は定かではないが、元和8年(1622)長堀川開削ののち数年後といわれる。  銅吹屋(銅製錬所)が近いこともあり辺りには炭屋が多かった。江戸期には納涼や観月、または市街の景勝地として親しまれ、名物であった煙管屋が軒を並べた。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010064