ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
長堀石浜  
ナガホリイシハマ  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
長堀  
ナガホリ  
現在の市区町村
中央区  
ジャンル名
浪花百景  
商工業  
水上交通  
作品解説 現在の長堀通にあたる長堀川は、元和8年(1622)(寛永2年(1625)の説もある)京都伏見の三栖清兵衛、池田屋次郎兵衛、伊丹屋平右衛門、岡田心斎らによって開削された江戸期大坂の幹線河川の一つで、諸国物産の集散地として利用されていた。  沿岸には土佐の問屋をはじめ材木商が軒を並べ、店の前を市売場所とし「浜」と称し、長堀材木浜として大いににぎわった。また旧心斎橋と佐野橋との間には石屋の密集地域があり、長堀川を通って運ばれた各地名産の石が名もない名工たちの手によって鳥居や橋、灯篭、道標、石仏、石臼、鉢など様々な作品に姿を変えた。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010062