ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
松屋呉服店  
マツヤゴフクテン  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
松屋呉服店  
マツヤゴフクテン  
現在の市区町村
中央区  
ジャンル名
浪花百景  
商工業  
作品解説 江戸期心斎橋筋は松屋をはじめ数々の呉服店で賑っていた。享保11年(1926)創業の松屋呉服店は大丸の前身である。大の字を丸で囲う商標を掲げ、享保2年(1717)京都伏見で大文字屋呉服店として発祥、大坂店の屋号「松屋」はつぶれかけていた名跡を譲り受けたものと伝えられる。創業者下村彦右衛門は律儀で誠実な性格で、「現金正札販売」をモットーに豪商となっても先義後利の人であったという。大塩平八郎の乱の際にも義商であることから襲撃を免れたと伝えられる。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010061