ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
長町裏遠見難波蔵  
ナガマチウラトオミナンバクラ  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
長町  
ナガマチ  
難波御蔵  
ナンバオクラ  
現在の市区町村
浪速区  
ジャンル名
浪花百景  
商工業  
作品解説 長町は日本橋3~5丁目の堺筋沿いをさす。  長町筋の左右には旅籠屋・木賃宿が建ち並び、なかには『東海道中膝栗毛』にも登場する分銅河内屋・ひょうたん河内屋など名高い宿もあり、また傘職人も軒を並べ、浪花の名物と評され大変な賑いであったという。  難波御蔵は享保17年(1732)に幕府が年貢米の集散と災害時の救援米貯蔵の役割を兼ねて、旧大阪球場付近に設けたものである。安政の大地震の時にはこの蔵から1万石を放出したという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010042