ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
新清水紅葉坂滝  
シンキヨミズモミジザカタキ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
新清水  
シンキヨミズ  
現在の市区町村
天王寺区  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 号は有栖山。本尊十一面千手観音。勝鬘院の南にあって、当初は有栖川寺と称した。寛永17年(1640)に聖徳太子作と伝えられる十一面千手観音を、京都清水寺から移したことから享保年中(1716~1736)に新清水寺と称するようになったという。京都清水寺と同じように舞台を設けており、南西方向の遠山滄海を遥かに望むことができた。北の石段下に有栖の清水があって、清泉のためお茶の水として重宝された。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010039