ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
四天王寺  
シテンノウジ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
四天王寺  
シテンノウジ  
現在の市区町村
天王寺区  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 号は荒陵山、敬田院と称す。難波寺、難波大寺、御津寺などともいう。創建は聖徳太子。金堂、講堂、五重塔を備えた大寺で、年中参詣者は絶えない。特に4月の涅槃精霊会、春と秋の彼岸会、8月の千日詣は雲霞の如く参拝者が押し寄せる。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010034