ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
茶臼山雲水  
チャウスヤマウンスイ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
邦福寺(雲水寺)  
ホウフクジ  
現在の市区町村
天王寺区  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 昭和45年(1970)統国寺と改称、釈迦を本尊とし、仏殿・楼門など諸堂全てが中国風に造られた黄檗宗万福寺末寺で、以前は和気山邦福寺と称した。  寺伝によると開創は聖徳太子によるもので、不思議山深妙院念仏寺と称した法相宗であったが、宝永6年(1709)法源和尚が師の黄檗四世獨湛上人を開祖に再興、近くの和気清麻呂が開いた和気堀に因んで和気山の山号をつけたと伝える。以後は多くの雲水(諸国行脚の修行僧)がここで修行したため雲水寺あるいは雲水庵とも呼ばれた。方丈座敷からの眺望は素晴らしく、また境内で出された普茶料理も名物となり、来観者が絶えなかったという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010031