ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
茶臼山  
チャウスヤマ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
茶臼山  
チャウスヤマ  
現在の市区町村
天王寺区  
ジャンル名
浪花百景  
作品解説 一心寺の北にある。「荒陵」と呼ばれ、もともと前方後円の古墳であったとする。大坂冬の陣、夏の陣で陣営にもなった。夏の陣では真田幸村がここに陣を置き、東軍と戦い戦死した茶臼山の合戦の地となった。現在は天王寺公園の中にあり、隣に大阪市立美術館が建っている。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010030