ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
梅やしき  
ウメヤシキ  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
梅屋敷  
ウメヤシキ  
現在の市区町村
天王寺区  
ジャンル名
浪花百景  
行楽地  
作品解説 高津神社、生玉神社の東、今の城南寺町のあたりにあった梅林。江戸亀戸の梅屋敷を文化初年のころに模して開いた。  如月の盛りの頃は多くの人たちが繰り出し、詩を賦し、歌を詠じ、連歌俳諧狂歌を楽しんだという。『摂津名所図会大成』には、「弾あり諷ふあり打あり舞あり様々にて余るさむさに笑ひかねたる莟(つぼみ)まで遊宴の陽気につれて一時に開く思ひぞせらる」とある。  菊の頃にも花壇を設けて賑わったという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010026