ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
森の宮蓮如松  
モリノミヤレンニョマツ  
浪花百景  
画家名
芳瀧画  
ヨシタキ  
画家解説 芳瀧 よしたき 天保12年(1841)~明治32年(1899) 中井氏、明治初期、一時笹木姓を名乗った。通称恒次郎、芳瀧、一養亭、一養斎、養水などと称した。大坂鰻谷の生まれ、長く大坂に居住したが、京都へ転居、のち堺へ移り住み、堺の甲斐町で歿した。一鶯斎芳梅の門人。長谷川貞信と並び称される代表的な上方浮世絵師で、中判役者絵の作品が多い。この他、風景画、絵入り本の挿絵などの作品も多く、明治期には錦絵新聞(記事・挿絵とも)も手がけた。
請求番号 甲和-1086
名所
森の宮  
モリノミヤ  
現在の市区町村
中央区  
ジャンル名
浪花百景  
名花・名木・名水  
作品解説 森之宮神社は鵲之森之宮を略したもので、推古天皇時代吉土盤金が朝鮮から持ち帰った鵲を献上し、この森で飼ったのでその名がついたといわれる。社伝によると、崇峻帝2年(589)7月に聖徳太子は父である用命天皇の追善のため自像を刻んで社伝を営んだのが起こりで、他に穴穂部間人皇后なども祠られている。  古くは蓮如が下に座り信者に説法し、あるいは宗門の発展を祈ったともいわれる蓮如松(明治18年(1885)枯死)が境内にあった。また天王寺七名泉の一つ「亀井」も近く、江戸期には神社の東田圃の中に入湯屋があり繁盛していたという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010021