ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
今橋つきぢの風景  
イマバシツキヂノフウケイ  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
蟹島(今橋築地)  
カニジマ  
現在の市区町村
中央区  
ジャンル名
浪花百景  
橋  
作品解説 大川が天神橋を抜けて東横堀川に入る西の部分は昔小山をなし、山の鼻と称していた。天明3年(1783)に築地を設け人家が建ち連なるようになり、蟹島と称されるようになり、やがて単に築地というようになったという。『大阪府誌』には「紅楼翠閣相連なり眺望の景優遊の具備はり、誠に紅塵界裡の一仙洞なり」とある。  今橋はこの辺り、東横堀川に架かる橋で、橋の西側が北浜となり、江戸時代の金融の中心地であった。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010018