ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
佐太村天満宮  
サタムラテンマングウ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
佐太天満宮  
サタテンマングウ  
現在の市区町村
守口市  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 祭神は菅原道真。創建の年は不詳。道真の領地で、道真が九州へ左遷される際に、その噂がこの地にまで喧伝されたので、沙汰と名づけられた。『河内名所図会』には、慶安元年(1648)に領主の永井尚政が道真の徳を偲び荒れていた当社に新に社殿を造営したとある。淀川の流れに近く、京、大坂へ向かう川舟から鳥居が見え、行き交う人が遥拝したという。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010010