ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
江口君堂  
エグチノキミドウ  
浪花百景  
画家名
国員画  
クニカズ  
画家解説 国員 くにかず 生没年不詳 国員、一珠斎と称し、歌川姓を名乗る。大坂の人。歌川国貞(三代豊国)の門人かともいわれているが、詳細は不明。役者絵・風景画・美人画などを中心に、絵入り本の挿絵もてがけた。嘉永から慶応年間に活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
江口  
エグチ  
現在の市区町村
東淀川区  
ジャンル名
浪花百景  
神社仏閣  
作品解説 淀川から神崎川が分流するところ。ここが淀川の川尻で、難波江の口にあったことから江口という。淀川の川舟から瀬戸内海の海船へ乗換える場所にあたり、大いに繁昌し、遊女などもいた。  雨宿りを頼んだ西行と遊女妙との歌問答を基にした観阿弥の謡曲「江口」のゆかりの地でもある。中世以降に港の機能は堺さらには大坂へ移り、寂れてしまった。  寂光寺の号は宝林山普賢院。日蓮宗の寺で本尊は釈迦多宝二仏。通称江口の君堂という。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010008