ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
天満樋の口  
テンマヒノクチ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
樋の口  
ヒノクチ  
現在の市区町村
北区  
ジャンル名
浪花百景  
行楽地  
作品解説 天満堀川が大川に通じた地点を樋の口と呼び、対岸の桜宮とともに桜の名所として知られた。天満堀川と淀川との合流地点に樋が設けられていたことからこう呼ばれる。  以前は塵芥が積もり「ごもく山」と呼ばれるほどであったが、天保9年(1838)の延伸工事によって水は澄み、好景の地となった。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010006