ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
川崎ノ渡シ月見景  
カワサキノワタシツキミケイ  
浪花百景  
画家名
芳雪画  
ヨシユキ  
画家解説 芳雪 よしゆき 天保6年(1835)~明治12年(1879) 森氏、芳雪、南粋亭、六花園などと称した。大坂の人。一鶯斎芳梅の門人。役者絵や風景画、明治になって開化風俗画などを描いた。明治8年(1875)頃まで活躍した。
請求番号 甲和-1086
名所
川崎渡  
カワサキノワタシ  
現在の市区町村
北区  
都島区  
ジャンル名
浪花百景  
行楽地  
作品解説 川崎は、淀川と大和川の合流している地点の天満側をいう。ここから備前島にわたる渡しがあった。舟からは、上流に網島と桜の宮、下流に天満橋、向こうに大坂城が見え、「奇観」であると『摂津名所図会大成』は伝える。  現在渡しはなく、歩行者専用の斜帳橋の川崎橋が架けられている。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010004