ヘルプ 大阪府立図書館へ
カテゴリ /錦絵にみる大阪の風景
作品名
野里一夜官女  
ノザトイチヤカンジョ  
花暦浪花自慢  
画家名
芳豊画  
ヨシトヨ  
画家解説 芳豊 よしとよ 生没年不詳 上原氏、通称兵蔵、芳豊、含粋亭、北粋と称し、歌川姓を名乗った。大坂の人。歌川国芳の門人。役者絵のほか風俗、風景も描き、挿絵もあるが、詳細は不明。
請求番号 大和銀-192
名所
野里  
ノザト  
現在の市区町村
西淀川区  
ジャンル名
年中行事-祭  
作品解説 淀川右岸に位置する地名。  神功皇后が大和の地から西へ向かう途上、槲(かしわ)の葉に和歌を記して船の端から流したところ、この地に漂い着いたため、はじめは「槲の里」と呼ばれていたが、後に槲の部分がなくなって「の里」になったといわれる。  野里は、古くは三野郷と称され、「野里荘」という荘園名が室町時代に見えている。足利義教を祀る崇禅寺に寄進するため、その当時の野里では米、茶、野菜などを栽培していた。

本資料のURL

/lib_pref_osaka/da/detail?tilcod=0000000007-00010226