利用規約

  • HOME »
  • 利用規約

北摂アーカイブス利用規約

 

1. 本規約は、地域情報アーカイブ化事業実行委員会(以下、「委員会」といいます。)が提供するホームページ作成サービス「北摂アーカイブス」(以下、「本サービス」といいます。)を利用する個人および法人(以下、「利用者」といいます。)と委員会との関係を定めるものとします。また、本規約は本サービスの利用に関して生ずる全ての関係に適用されるものとします。

2. 本規約とは別に委員会が本サービスを通じて、随時発表する諸規定は、本規約の一部を構成し、本サービス利用時には利用者は上記全ての規定への同意を必要とするものとします。

3. 本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる又は矛盾する場合には、諸規定が優先して適用されるものとします。又、本規約の規定と諸規定の内容が異なる場合又は矛盾する場合以外は、本規約と他の規約等とが重畳的に適用されるものとします。

第1条 (定義)
本規約において使用する用語の定義は、次の通りとします。
「委員会」 地域情報アーカイブ化事業実行委員会
「利用者」 本サービスを利用・閲覧し、画像等を投稿、記事を作成、公開する個人、または組織、または法人
「画像等」 本サービスを利用してアップロードした画像及び画像に含まれる全ての情報やコメントなど

第2条(事業目的)
本サービスは、委員会が豊中市・箕面市に関連する画像等を募集、公開、展示することを目的としたサービスです。利用者は、本サービスの目的を理解し、目的外での利用を行なわないものとします。

第3条(本規約の変更)
(1) 本規約は管理運営上必要と判断した場合は、予告なく利用規約の変更をする場合があります。
(2) 変更後の規約は本サービスのウェブサイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。

第4条(運営者裁量権)
委員会は、自らの裁量によって、利用者から投稿された画像等に関して、本サービスによって公開・展示を行わない事ができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとする。尚、委員会は、公開・展示を行わない事に対して、何らの義務と責任を負うものではありません。

第5条(費用)
本サービスの利用は無料ですが、画像等の提供及び利用に必要な機器類は、利用者が自らの費用と責任において用意してください。

第6条(利用者の責務)
本サービスの利用に際して、利用者は以下の事項に同意するものとします。
(1) 利用者は、本サービスを利用して提供した画像等は、利用者自らが著作権その他必要な権利を保有しているものに限られるものとします。また、利用者は、画像等が法令、本規約に違反しないこと、第三者の著作権等を侵害していないことを保証するものとします。
(2) 利用者は、本サービスを利用して提供した画像等について、委員会に対して、国内外で無償で非独占的に使用する権利(複製権、頒布権、翻案権、送信可能化権を含む公衆送信権及びその他の権利)を許諾(サブライセンス権を含む)ものとみなします。また、利用者は委員会に対し、画像等に関して著作者人格権を行使しないものとします。
(3) 利用者が本サービスに提供した画像等を、委員会がおこなう事業の一環として、本サービスによる公開以外に、看板や広告、展示等に委員会が無償で使用することに異議を唱えないものとします。
(4) 本サービスが公開を終了した場合、利用者が本サービスに提供した画像等を、地域情報のデータベースとして蓄積、保管、管理のために、豊中市立図書館及び箕面市立図書館に譲渡することに異議を唱えないものとします。
(5) 利用者が本サービスを利用するにあたり本規約に違反したり、本サービスを利用して提供した画像等に法令違反や第三者の著作権侵害の事実があったこと等により他の利用者又は第三者との紛争が生じた場合には、必ず当該利用者は直ちにその内容を委員会に通知するとともに、利用者自身の責任と費用において当該紛争を処理解決しなければなりません。当該紛争に関して、委員会は一切責任を負わないものとします。なお、当該画像等について、委員会が削除・修正など送信防止のための措置を行う事、また、その措置の内容について、利用者は異議を唱えないものとします。
(6) 他の利用者が本サービスに提供した画像等によって、利用者が自己の権利を侵害されていると覚知した場合は、必ず直ちに委員会に画像等を特定できる情報、侵害されたとする権利、侵害されたとする理由の報告を行うとともに、利用者自身の責任と費用において当該紛争は解決しなければならず、委員会は一切責任を負わないものとします。
(7) 委員会が利用者に対して、第5項・第6項の紛争処理について報告を求めた場合は、利用者が委員会の求めに応じ速やかに報告するものとします。また、利用者は委員会が指定した報告期限までに報告ができなかった場合、委員会が第14条第1項に掲げる措置を行うことに異議を唱えず、また、発生した損害に対して委員会に請求しないものとします。

第7条(禁止事項)
利用にあたって委員会は、以下の行為を禁止します。利用者がこれらの禁止行為を行った場合、委員会は当該利用者の記述を削除し、以後の利用を禁止する場合があります。
(1) 本規約に反する行為
(2) 法律・規則等に違反する一切の行為
(3) 過激な性描写、残酷な表現、犯罪を誘発する表現、差別表現など、公序良俗に反する行為や利用者に不快感を与える行為
(4) 利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第三者に成りすます行為
(5) 虚偽の情報を本サービス上に掲載し、利用者を欺く行為
(6) 利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第三者の名誉や社会的信用を毀損したり、不快感や精神的な損害を与える行為
(7) 本サービス利用者を含む利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第三者の個人情報の収集を行う行為
(8) 利用者以外の自然人・法人・団体・組織等の第三者の所有する知的所有権を侵害する行為や、著作権の侵害を誘発する行為
(9) 本サービスの運営を妨げる行為
(10) 委員会が、過度若しくは不適切と判断する商用目的の宣伝・広告行為及び外部のウェブサイトからのリンクあるいはトラフィック流入を誘致する行為(例:アダルト関連サービスへのアフィリエイトリンクを含む外部リンクの設定など)
(11)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、若しくは運営し、これに加入し、若しくは加入することを勧誘し、又はこれらの行為を助長する行為
(12) 有害なコンピュータウィルス、コード、ファイル、プログラム等を開示する行為もしくは開示されている場所について示唆する行為
(13) 委員会が本サービス上に自動的に表示しているリンク、画像等を非表示にする行為、もしくはしようと試みる行為
(14) その他委員会が不適切であると判断する行為

第8条(画像等の監視)
委員会は、本サービスを提供するにあたり、利用者から投稿された画像等を委員会が必要と判断する範囲で監視することがあります。尚、委員会は、画像等の監視に関し、何らの義務や責任を負うものではありません。

第9条(免責事項)
(1) 委員会では、正確な情報提供に努めておりますが、緊急又は流動的な情報に関しては完全性、確実性を保証できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。当該画像等に基づいて利用者に生じたいかなる損害についても、委員会は一切責任を負わないものとします。
(2) 回線やサーバ混雑等により生じたすべての結果について、委員会は一切責任を負いません。
(3)利用者が虚偽の登録を行い、第三者に対して損害を与えた場合、委員会は一切責任を負いません。
(4) 本サービスのシステムに異常が生じた場合は、予告なくサービスを停止することがあります。これに生じた利用者及び第三者の損害に対して、委員会は一切責任を負いません。
(5) 本サービスの利用にあたり、利用者が他の利用者または第三者の保有する知的財産権その他の権利を侵害したとして、当該他の利用者または第三者から委員会に対してクレーム等が提起された場合、利用者は、自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、委員会を免責するものとします。
(6) 本サービスから他のウェブサイトなどにリンクし、または第三者が他のウェブサイトなどにリンクを提供している場合がありますが、リンクされた先のウェブサイトなどは委員会が管理または運営するものではありません。それらウェブサイトなどの内容の真偽等について、委員会は、一切責任を負わないものとします。なお、利用者は、本サービスからのリンク先のウェブサイトなどが予告なしに内容が変更または廃止される場合があることを予め了承するものとします。
(7) 利用者は、本サービスに関連して委員会から利用者へ送信される電子メールおよび本サービスを通じて送信される情報やソフトウェア・プログラム等に関し、コンピュータ・ウィルス等の有害なものが含まれていないことを保証しません。

第10条 (損害賠償)
利用者が、本サービスを利用した結果、利用者の責に帰すべき事由により委員会に損害が生じた場合、当該利用者は、その損害を賠償する責任を負うものとします。

第11条(個人情報・データ管理)
委員会は、利用者の登録情報および本サービスの運営に関して取得された利用者に関する全ての個人情報を、適切かつ安全に管理し保護します。その利用・提供においては、法令に基づく場合を除き、利用者本人の同意を得た目的の範囲内でのみ利用いたします。ただし、委員会は、以下の場合において、利用者の個人情報を開示することがあります。
(1) 政府機関、裁判所等から法令に基づき個人情報の開示を求められた場合。
(2) 利用者または第三者の生命、健康、財産などの重大な権利利益を保護するために必要な場合であり、利用者本人の同意を得ることが困難な場合。
(3) 個人情報を適切に管理するように契約等により義務づけた図書館及び委員会の業務委託先に対し、本サービスの提供のために必要な業務を委託する目的で個人情報を提供する場合。

第12条(著作権及び画像等の削除・修正・編集等の措置)
本サービスの利用に際して、利用者は以下の事項に同意するものとします。
(1) 委員会は、本サービスに投稿された画像等が法令や本規約に違反したり、そのおそれがあると判断した場合、及び第7条(禁止事項)に該当することが明確でない場合であっても、利用者への事前の告知なく、委員会が必要と判断する範囲で当該画像等の全部若しくは一部の削除又は一部の削除又は修正ないし編集を行う、または利用者による当サービスの利用禁止若しくは利用制限をできるものとし、利用制限を行うなどができるものとし、利用者はこれを承認するものとします。
(2) 委員会は、当サイトでの掲示方法、カテゴリー、キーワード等、当サイトの運営に関する一切の編集権を保有し、画像等の再分類、カテゴリー、ページの統合、不適切なカテゴリーに投稿された画像等の掲載場所の移動等を行うことができるものとします。なお、委員会は画像等の削除権・編集権の行使又は不行使に関し、何らの義務や責任を負うものではありません。
(3) 委員会は、利用者が前項で定める画像等の削除や掲載場所の移動等の措置により損害を被ったとしても、一切の責任は負わないものとします。ただし、委員会に故意又は重過失がある場合はこの限りではありません。
(4) 委員会が本サービスを通じて利用者に提供する画像等は、当該著作物の著作権者等、適切な権限を有する者から許諾を得たものであり、利用者は、無償・有償にかかわらず、利用者の事前の承諾なく委員会が規定する使用方法以外で当該著作物を使用することは一切できません。
(5) 利用者が提供した画像等を除き、本サービスに含まれている画像等に係る権利は、委員会または委員会の許諾元に帰属しています。
(6) 本サービス内に表示される広告中に掲載または提供されている画像等は、著作権法、商標法、特許法、意匠法等の法律により保護されています。
(7) 利用者が本サービスに提供した画像等の著作物は利用者個人の著作物ですが、全体としての画像等の集積は、本サービスが設置したシステムと運営の中で行われたものであり、編集著作物・データベースの著作物として委員会が権利を有します。なお、利用者が投稿した画像等に利用者が使用許諾範囲を登録している場合、他の利用者はその使用許諾範囲においてのみ画像等を使用することができます。画像等を利用する場合、利用する利用者は自己の責任において、利用するものとし、委員会は一切責任を負いません。

第13条(その他)
利用者は、本規約に定めのない事項については、別途委員会が定める規則に従うものとします。

第14条(準拠法・裁判管轄)
本規約は、日本法に従って解釈され、委員会と利用者との紛争については、委員会の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附 則
この規約は、平成21年(2009年)1月5日から実施する。

附 則
この規約は、平成26年(2014年)7月1日から実施する。

Copyright © 北摂アーカイブス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.