友達に、お地蔵さん(三和町4-1)が在ったと聞き出かけた。三和町バス停(阪急)付近に三和会館や稜威天王社(ミイツ テンノウシャ)か゛ある。会館を右手に見て進み、二つ目の筋を右に入る。左手側に駐車場、右側にお地蔵さんが居られた。

お地蔵さん(御堂は昭和62年(1987)に建立)の傍らに、石碑が二つ、この地に村の議会が在ったこと、消防組合にポンプが導入(昭和4年(1929))されたことを伝えていた。

植木を除けてみると、庄内村大字菰江字宮後71番地 「菰江村会議所」 宅地71坪 家屋12坪 と彫られている。

喞筒(ソクトウ) = ポンプのこと / 記念碑を作るなんてスゴイ

因みに、稜威天王社(ミイツ テンノウシャ)は文永(ブンエイ)年間(1264~75)に創建されたらしく、江戸時代には旧菰江村(コモエムラ)の鎮守(チンジュ)となった。明治になり庄内神社に合祀されたが、昭和51年(1976)に地元に再興されたとのこと。


往時の地名の地図、神社の境内に示されている。(道路から見ることが出来る)